ピースデーとは?

ピースデー、国際平和デーとは、国連で定められた「平和を祝う」記念日です。

以下、国連サイトより引用〜
http://unic.or.jp/new/pr03-080_2.htm

◆国際平和デーとは

国連が定めた平和の記念日です。すべての国、すべての人々にとって共通の理想である国際平和を記念、推進していく日として、すべての国連加盟国、国連機関、地域組織やNGO、そして個人に対して、この日を適切な方法で祝うよう呼びかけています。
国連が「国際平和デー」を最初に宣言したのは1981年です。従来、「国際平和デー」は毎年9月の国連総会開会日に制定され、開会式では各国代表がこの日を記念して1分間の黙祷を行うことが慣例となっていました。2002年からは、毎年9月21日を「国際平和デー」に定め、以後、世界の停戦と非暴力の日として、すべての国と人々に、この日一日は敵対行為を停止するよう働きかけています。

◆国連での「国際平和デー」記念行事

ニューヨークの国連本部では、毎年この日に国連事務総長が「平和の鐘」を鳴らす特別記念行事が行われます。この鐘は60カ国の子どもたちが集めた硬貨で鋳造され、日本政府から国連に寄贈されたものです。
この他、毎年、国連広報局が近郊の学校の生徒や各国の若者を国連本部に招き、「国際平和デー」を記念した交流プログラムを開催しています。そのハイライトとして、子どもたちが国連旗と国連加盟国の国旗を掲げながら一国一国の平和を願うフラッグセレモニーが行われます。

=========================

上記に「2002年からは〜」とありますが、現在のピースデーになったいきさつを描いた1本のドキュメンタリー映画があります。
「ザ・デイ・アフター・ピース」
イギリスの俳優、ジェレミー・ギリが自身の活動を収めたものですが、記念日が制定されたのは2001年の9月。
しかし、その年の9月11日、ピースデー制定を祝う式典の最中に、9.11のテロが起こり、祝典も延期に。ニューヨークの国連本部で起こったその当時の様子も、映画には収められています。

現在のピースデーを作った男、ジェレミー・ギリは、ある日、誰もが一度は感じたことがあるかも知れない疑問、

「どうしてこの世界から、戦争はなくならないのだろう?」

と、感じたことから、行動を起こし始めます。
この世界には、一日たりと戦闘を行わない事を決めた日が存在しない。ということに気づいた彼は、平和の日を作ることを思いつき・・・。

現在に繋がる、その後のお話は「ザ・デイ・アフター・ピース」にて。
この映画もぜひ一度、ご覧いただきたいと思います。
予告編動画 YouTube

国連のサイトにはまた、こんな一文も記されています。

国連には「国際平和デー」をはじめ「世界環境デー」「軍縮週間」「国際淡水年」など様々なテーマを記念する国際デー、週間、年が数多くあります。これらは国際社会がその日、または期間を通じて一つの共通した問題に取り組むために制定されるもので、通常、全加盟国の代表から構成される国連総会の場で決定され、加盟国は官民合同で、そのテーマに取り組むことが求められます。

日本でもこの「ピースデー」が広く知られることになり、多くの方がそのテーマについてオリジナルの取り組みを始め、日本の社会において「平和の日」を実感できるような世の中になっていけば素敵だな。と思います。

[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]
[`evernote` not found]